キャッシングは私の生活の『最後の砦』

私は今現在35歳、コールセンターのアルバイト代で生活をしています。ギャンブルもしませんし、大した浪費癖もありませんが、それでも毎月お給料日の前になると、財布の中身も銀行の預金額もスッカラカンになってしまうような状況です。

質素倹約していますし、借金はしたくないというのが本音ですが、それでも今は給料日前には数回のキャッシングを利用しています。

幸いなことに給料日と返済の引き落とし日が一緒で給料が入った同日に自動的に差し引かれるような状態なので、今のところなんとか延滞などはせずに済んでいます。それでも、やはりキャッシングはよそからお借りしているお金なので後ろめたさもありますし、できれば早い段階でキャッシングには頼らなくていい生活を送りたいと心から思っています。

時代や誰かのせいにできないので自分で頑張るしかないとは思っていますが、今の世の中でこういったキャッシングやカードローンを全く使わずに生活を謳歌するのはなかなか難しいのではないでしょうか。即日融資の詳しいサイトを読んでみると、意外とキャッシングって手軽なものなんだなとわかります。

何とか生活をしていけるのはそういった仕組みに助けられているのが現状ですが、私にとってはキャッシングはまさに生活のための「最後の砦」です。助けられていますが、できるだけ頼らずに生きていけるように頑張らないといけないと日々痛感しています。

借金返済と法律事務所のサービスについて

お金の借り過ぎに注意というフレーズは良く聞きますが、我が身に振りかかるこれほど対応の難しいことはありません。私自身キャッシングサービスを利用しすぎて苦労したことはたくさんあり、今でもあの時はああしておけばよかったと思い返すことがあります。
限度額の設定においては高額借りられるところのほうが良い金融機関であると最初は認識していましたが、実際には返済能力を考慮して利用しないといけません。どれぐらい借りられるかよりも、どれぐらい借りたら返済できるかを考えて利用するのがオススメです。
ちなみに自力で返済できなくなったときには、法律事務所を利用しました。法律事務所では債務整理と呼ばれる手続きを取ってくれる弁護士がいる場合が多いです。債務整理とは任意整理、自己破産、個人再生(民事再生)などのことですね。他にも過払い請求と呼ばれる手続きがあります。
あと弁護士に手続きを依頼する前には借金に関しての相談も可能で、個人的にはそういったサービスが一番助かりました。弁護士は借金相談のプロでもあったのです。私の場合過払いもあったので、払い過ぎた利息が戻ってきました。
過払いというのは払い過ぎた利息のことで、金利が18%以上だと大抵は過払いが発生しているそうです。

母親の借金返済によって私の生活に影響が

夜勤勤務の影響でぐっすり眠っていた頃に携帯電話に着信が入って出てみると母親からお金の催促の電話でした。

五万円を用立ててくれないかということでしたが、朝早くから五万円という大金を何に使うのか問いただすと母親は消費者金融から多額の借金をしていて返済が何ヵ月も滞っていて私に助けを求めてきたようです。

結局私は銀行のATMに行って五万円を母親の通帳に振り込みました。しかし母親からのお金の催促は引き続き行われ、今どれくらい借金があるか聞いてみると三社の消費者金融から七十万円の借金を抱え込んでいたのです。

借金理由はパチンコや競艇で私はショックで母親に対して怒ってしまいました。母子家庭で育ったこともあるので母親には感謝はしているのですが、今回の借金に関しては許すことができませんでした。

当然借金の返済は私も手伝わなければならなくなり、少ない給料の中から月に三万円ずつ返済していくことになったのです。

しかし私にも生活があって私自身が抱えている自動車のローン等の返済もしていかなければならないので今回母親の借金返済に関しては大きな痛手となっていたのです。毎月三万円の返済も全額払えない月が出てくることもあってその借金は今でも返済し続けているのです。

借金は身近な人に打ち明けることが大切です

知り合いの男性が過去に借金していたことを打ち明けてくれました。ようやく返済が終わったそうですが、話を聴いていると、借金は身近な人に打ち明けることが大切なのだなあと思いました。

その男性が借金せざるを得なくなった元々の原因は、会社をリストラされたことだそうです。長年、働いていた会社をリストラされ、どうしたらいいのかわからなくなったと話してくれました。

彼は非常に責任感が強かったため、家族にリストラされた事実をなかなか打ち明けられなかったそうです。そして、どうしてもお金が工面できなかったため、仕方なく借金をしてしまったのだということです。借金はどんどんふくれあがり、気がついたときには彼の手に負えなくなっていたという話でした。

借金バイトだけでは返済しきれなくなっていたのです。

思いあまって家族や親せきに打ち明けたところ、みんなに驚かれたようですが、幸いなことに親戚中が助けてくれました。親戚の人たちが少しずつお金を出してくれたため、そのお金で借金の返済をすることができたのです。借金返済の計画を立てるため、弁護士のところにも相談に行ったと話してくれました。

借金をしてしまった場合、後ろめたく思ってしまいますが、家族や親せきに打ち明けることが大事なのだなあと思いました。

長男の力で借金問題解決

今までカード払いで、何ヶ月分割払い若しくはリボ払いで借金に似たようなことをしたことはありますが、実際に借金に追われることはありませんでした。子供のころから家の破綻により借金の怖さを知った私は大人になっても借金は絶対しないと決めていました。

大学に入ってアルバイトを始めて安定して収入が入り始めたにもかかわらずクレジットカードは使いませんでした。社会人になってからは仕方なく使い始めましたが、使った内容を記録しなるべく抑えるようにしていました。

しかし、もっと年齢を重ねるにつれて車や住宅を購入する必要性が出てきて借金せざるを得ませんでした。銀行からの借金は大変で収入が安定しているかを調べ、購入した住宅を担保にする必要がありました。借金が実行され車や住宅を購入したまではいいですが、返済が追いつかなくなりました。

住宅は一戸建てで家族全員が一緒に住んでいます。しかし、借金の借り入れから返済まですべて私がやっています。そこそこ低い金利で資金を借り入れることができましたが、資金額が大きい分利息の額も大きくて一人では力不足を感じます。その内容について家族と相談し利息について援助してもらうことになりましたが、元金の返済は私がする予定です。長男ですから。

私の友人の旦那の借金地獄に関する話です

私の友人の旦那のです。友人の旦那は、車の改造が大好きでした。中古車を購入しては、その車に対する改造をしていました。車の改造は、1回で数万単位のお金が必要です。

時には、数十万円、数百万円の資金が必要になります。友人の旦那は、家庭にお金を一切入れず、すべて車の改造費に費やしていました。しだいに、車の改造はエスカレートしていき、ついに借金をしてまでも改造をはじめました。

始めは、銀行ローンを使用し、次には消費者金融にまで手を伸ばしました。膨れ上がった借金総額は約600万円です。その過程には、幼い子供が誕生したばっかりでした、友人は何度も、旦那に借金をやめるように注意しましたが、旦那はやめませんでした。結果、その家庭は離婚しました。借金地獄だったそうです。借金返済しても結局夫が借金を増やすのでどうにもなりません。これこそが借金地獄だと思います。抜け出すことができないわけですからね。

子供は友人が親権を得ました。離婚話の時、旦那はすがりついて泣いてたそうです。見捨てないでほしいと。しかし、友人は旦那と離婚を選びました。その後、友人の元旦那は仕事を掛け持ちで借金の返済に追われているそうです。

家庭を失い、社会的信用を失い、人生のどん底にいるようです。今でも、借金の返済途中だそうです。借金は、とても恐ろしいと感じました。信用は、失うのは一瞬だけど、取り戻すには相当な時間を要します。その人は、妻・子供が離れていきました。自分の欲望だけで生きると、取り返しのつかないことになると感じた出来事でした。

借金返済で土俵際ひとりで踏ん張る

私が借金したのは10年ほど前で売れないお笑い芸人だった頃だ。

売れないお笑い芸人というものは頑張れば頑張るほど金がなくなっていくものだ。チケットノルマ、衣装代、ネタ作りのためのファミレス代などをアルバイトの収入で賄う。ギリギリだ。

それでもアルバイトさえ続けていればギリギリなんとかなるが、当時の私は次の仕事のあてもないのにアルバイトをやめてしまった。金がなくなるのは当然だ。

最終的に消費者金融に借りることになった。親には借りたくなかった。

消費者金融に借りたときには次の仕事であるホテルの清掃が決まっていた。だからホテルの清掃の仕事さえ頑張ればよかった。

仕事が決まる前は夏で毎日、そうめんを食べていた。本当に毎日そうめんを食べていたので口内炎が治らなかった。一か月ずっと口内炎だ。そうめんを食べるのにヒーヒーいっていた。

だから仕事が決まってお金を借りられるようになると私の場合、峠は越えていたといえる。ただ仕事をして”実際に”返さなければしょうがない。

ホテルの清掃の仕事は問題なかった。慣れるのは簡単だったし、人間関係も私は若い男だったので難しくなかった。女性だったら難しかったろうと思う。

仕事は順調にいって毎月決まった額を期日に返済していた。問題なしだ。

ところがある日腰痛になってしまった。バスタオルで浴槽を拭く仕事があるのだが、大量にやりすぎたようだ。いったん仕事辞めて実家帰って立て直すことも考えたが、踏ん張ったら踏ん張れそうだったので我慢して続け、借金は完済した。

腰痛はあとでさらに悪化し清掃の仕事を辞め、95パーセント治った。しかし100パーセントは治らない。最初の段階でやめてれば違う未来だったろう。

借金返済で困らないようにするためには

お金について、考えたことがありますか。お金は貯めずにある分全て使ってしまう人も多いでしょう。将来の年金を考えると、老後のためにお金は貯めておかなければなりません。しかし、人間は不思議なもので、若いうちは、いつか貯められるだろうと勝手に思い使ってしまいがちです。

しかし、年齢は平等です。いつか年をとります。貯まっているはずのお金がなかったら、どうしますか。年齢を取るに従って、必要になるお金があります。住宅資金や結婚資金など、まとまった金額が必要です。誰もそう簡単には貸してくれません。仕方がないから、借金しなければならなくなります。借りるのは簡単だけど、返済は大変です。

金利が付くので、意外に返済期間は長期間に及びます。毎月の給料の範囲内で返済ができれば問題ありません。しかし、生活費がかかり、借金返済にまでお金が回らなくなったらどうしましょう。そんな時、ふと思いつくのが消費者金融です。借りるのに理由は問われません。ちゃんと毎月返済すれば文句を言われません。

しかし、借り過ぎは厳禁です。返済が滞ると、督促されます。そうなったら、弁護士に相談しなくてはなりません。

借金返済の相談は解決の糸口になるのでやってみるといいとは思います。

将来的に債務整理になるかもしれないでしょう。そうならないために、日頃から節約体質になって、お金を貯めるようにしませんか。

借金を返済するためには努力が必要

借金をしてしまったきっかけはほんの些細な事でした。
車を買ってしまったので、ローンを抱えてしまったことでやりくりが格段にくるしくなりました。
それでも、買い物をしなければいけない物が沢山あったので、カードの分割払いなどを使いながらなんとかやりくりをしていたのですが、それでもついに首が回らなくなり、キャッシングを利用してしまいました。
最初は一万円。
でも足りなくてもう一万円。
そんなことを繰り返しているうちに、30万円までキャッシングしてしまっていたのです。
キャッシングの返済は月々15000円です。
でも利息を含めてその値段なので、元金はもっと少なくて、月々の返済していても30万円の借り入れの元金はなかなかなくならないものです。
たかが30万円と思いますが、ボーナスもない私の約二ヶ月分の月収に相当すると思ったら、焦りますよね。
そこでようやく、早くこの借金をなくさなければいけないと思ったのですが、火の車の家計から余分に借金返済をするのはとても大変でした。
手取りで15万円程しかない給料の中から、家賃と光熱費と車のローンで半分以上が出て行ってしまいます。
そしてクレジットカードの請求で、残りの給料も飛んで行ってしまいます。
その中で、私はまず家の中で売れるものは全て売りに出しました。
服、靴、ブランド物のカバン、本、ソファーまで売りに出しました。
そして徹底的な食費の削減です。
二年間くらいは毎日もやしで食いつなぎ、外食は出来る限り控え、弁当を含めた徹底的な自炊で、お金を少しでも捻出して、お金ができれば返済を増やして、ようやくキャッシングも、ショッピングの分割払いやリボ払いも返済ができました。

借金返済中です

高校を卒業して初めて就職した職場で身の回りの物を揃えるのに初めてキャッシングしたのはクレジットカードのカードローンでした。

毎月1万円ずつの返済だったので大丈夫だろうと思っていたのですが、仕事で発注ミスをしてしまい全部自分で買い取りしなければいけなくなり、その時に別の会社でキャッシングをしました。

サラ金を利用し始めたのは21歳の時でした。

月々6,000円の返済だったのでクレジットカードのキャッシング額と合わせてもまだまだ余裕と思っていました。

それから仕事のストレスなのかキャバクラであったり飲み会に頻繁に行くようになり気がつけば借り入れしている会社が5社まで増えて総額200万円まで借金が増えました。

毎月6万円ずつの返済になり生活も段々厳しくなってきました。

給料日が来ても返済の事を考えると胃が痛くなったり仕事に集中が出来なくなったり家族には内緒で借金をしていたので秘密にし続ける事もこの時は大変辛かったです。

貯金も全く出来ない状態で成り行きで結婚をする事になりその数ヶ月後には妻が妊娠をしました。

計画が無さ過ぎると言えばそれまでですが、なんとか毎月6万円返済の日々を変えないと生まれてくる子供が不幸になると思い妻には内緒のままでおまとめローンの申し込みをしました。

過去に街金に騙されておまとめどころか借金が膨れ上がった事があったのでもうどこか他の会社に相談するのは辞めて地道に返済していこうと思っていたのですが意を決して申し込んだら現在は月々の返済が28000円まで減額になりました。もっと早く申し込めば良かったなと思いましたが何事も勉強。あと2年で完済します。

それもこれも借金解決診断シミュレーターを使ったことだと思います。

自分はキャッシングを自分のお金と感覚が麻痺してしまい借金が膨れていきました。今後は同じミスをしないよう気をつけて生きていきたいと思います。

私がリアルに冷や汗の出た借金に関する体験談

私は車やバイクをカスタムするのがとても好きで、

趣味のような感じで頻繁に専門のショップに通っていました。

お会計の際はあまり安いお買い物ではないため

現金で支払うことは少なく、基本的にはカード払いです。

ただ、そのことが原因で最近とても困ったこと発覚しました。

それは何かと言いますと、

私も自分自身もまったく想定しないなかったことだったからこそ起きたのですが、

気付かぬ間にカードの支払い金額がとんでもないことになっていました。

(すぐには返済出来ない大きな金額です。)

発覚したきっかけは、何度もかかって来ていたカード会社からの連絡と、

郵送による支払い請求でした。

私はカードの月々の支払いを口座からの引き落としにしていたのですが、

本当に気付かない間に残高が既に0円になって足りなくなっていまして、

まったく引き落とせない状態だったため何度も連絡が来ていたようです。

当然発覚したその時点で冷や汗が出るくらい焦りましたし、

早急に返すにはどうしたら良いかで悩みました。

何故ならば、もしそのまま払えずに時間がかかりますと

保証人になっている親にも、親の働く会社にも連絡がいってしまい

多大な迷惑をかけてしまうからです。

結果的に私は奥さんに事情を素直に説明し、

大切に積み立てていた奥さんの貯金から支払ってもらいました。

それはもう気不味いとしか言い様のない出来事でした。

当然そこからは今のところカードは使っていませんので

まずは給料日に出来るだけ奥さんに借りたお金を返済したいと思います。

以上、私がリアルに冷や汗の出た、

カードの返済と奥さんからお金を借りた体験談でした。

恐るべきガチャガチャ

私が非常にハマっているパズドラで事件は起きました。友人らで遊ぶ際は強いモンスターを手にしているものが偉いという風潮がありました。その強いモンスターを手に入れるのは容易ではありませんが、パズドラには課金をしたり、ゲーム内で貯めた魔法石というものを使用することでより強力なレアモンスターを手に入れることができるガチャガチャがあります。

ある友人がガチャガチャのイベントで誰もが羨むモンスターを手にしました。負けず嫌いな私は友人よりもレアなモンスターが欲しくなり課金をして、ガチャガチャを延々と回し続けました。その時はどれだけ課金しているか知る由もありませんでした。

手持ちのモンスターはかなり強力なものとなり、友人からは憧れの眼差しを向けられたことはいうまでもありません。しかし、その月の携帯代の請求には目を疑いました。なんとサービス利用料が28万の請求が来たのです。過去に10万近く課金して猛烈に反省したのですが、倍以上の請求です。

フリーターの私に当然払えるわけもなく親に相談した所、怒られはしましたがお金を借りて何とか返済しました。私は現在、就職活動中ですが早く働いて親に返済できるように頑張りたいと思います。

学生時代の奨学金の借金返済について苦労した話

私の友人の話ですが、学生時代の授業料を奨学金を受けて払っていた人がいます。御両親はお金がないわけではないのですが、浪人したら一切学費は出さないという方針で、彼女は一年浪人した後大学に合格しましたが、本当に自分で奨学金を申請し、そのお金で授業料もろもろをまかなっていたそうです。

大学を卒業し、いよいよ就職という時に、彼女は体調を崩し、それが原因でいわゆる正社員として就職ができませんでした。なんとかアルバイトや非正規社員で働いていましたが、生活費で精いっぱい、そのうち結婚されましたが、結婚式も上げませんでした。結婚した相手の方は普通のサラリーマンでしたが、彼も奨学金を受けて大学に通っていたので、その返済があります。さらに子供も生まれてお金がいることばかりで、とうとう彼女は奨学金の返済を一時的にストップしていますが、あとまだ200万円くらい返済しなければならないそうです。

テレビで奨学金返済がなかなかされず問題になっていることや、このままだと奨学金のシステムを継続するのにも難しくなってくる・・・といったニュースを見て、なんとなくは知っていましたが、奨学金の返済をストップせざるを得なかった彼女の生活状況を聞いて、奨学金といえども借金は借金、その返済は本当に重くのしかかってくるのだなと思いました。

結婚と同時に始まった借金地獄

結婚して、主人の両親との同居生活が始まりました。生活費は全て折半、これが結構な曲者の約束でした。主人が稼いできたお給料から生活費を決まった額もらうのですが、義両親は主人のお給料がとても高いと思っているらしく、なんでも折半で支払うのをいいことに、結構な無駄遣いをして私に半分請求するようになりました。

同居したてで断れず、言われるがままに払っていたら毎月赤字になる始末。支払いを渋ると けちな嫁と近所に言いふらすので、お金がなくても折半の生活は続き、気がつけば消費者金融から5万10万と借りるようになり、支払いのための借金が膨らみ 主人にばれたら怒られると思い、ひたすら家計は火の車で自転車操業にも関わらず、そんな状況であることを告白できずに月日は流れ、結局主人に内緒で自己破産することとなり、最悪の結末を迎えました。家族は誰一人私が自己破産したことを知りませんが、ばれるのではないかと日々びくびくしています。

専業主婦には収入がないので絶対借金はするべきではないです。生活費から支払にお金を回してやりくりしている気になるけど、結局借金は減ることはなく 借りれるだけ借りきったところで破たんします。絶対うまくいきません。旦那さんに内緒の借金は作るべきではないと心底思います。返済のことばかり毎日考えて、気が重い日々を過ごすのは本当につらいので、ご主人にはことお金のことに関しては オープンにすべきだと思います。