私の友人の旦那の借金地獄に関する話です

私の友人の旦那のです。友人の旦那は、車の改造が大好きでした。中古車を購入しては、その車に対する改造をしていました。車の改造は、1回で数万単位のお金が必要です。

時には、数十万円、数百万円の資金が必要になります。友人の旦那は、家庭にお金を一切入れず、すべて車の改造費に費やしていました。しだいに、車の改造はエスカレートしていき、ついに借金をしてまでも改造をはじめました。

始めは、銀行ローンを使用し、次には消費者金融にまで手を伸ばしました。膨れ上がった借金総額は約600万円です。その過程には、幼い子供が誕生したばっかりでした、友人は何度も、旦那に借金をやめるように注意しましたが、旦那はやめませんでした。結果、その家庭は離婚しました。借金地獄だったそうです。借金返済しても結局夫が借金を増やすのでどうにもなりません。これこそが借金地獄だと思います。抜け出すことができないわけですからね。

子供は友人が親権を得ました。離婚話の時、旦那はすがりついて泣いてたそうです。見捨てないでほしいと。しかし、友人は旦那と離婚を選びました。その後、友人の元旦那は仕事を掛け持ちで借金の返済に追われているそうです。

家庭を失い、社会的信用を失い、人生のどん底にいるようです。今でも、借金の返済途中だそうです。借金は、とても恐ろしいと感じました。信用は、失うのは一瞬だけど、取り戻すには相当な時間を要します。その人は、妻・子供が離れていきました。自分の欲望だけで生きると、取り返しのつかないことになると感じた出来事でした。